ホントはサラサラじゃない!?トリートメントでサラサラヘアの誤解

このエントリーをはてなブックマークに追加
中山眞由美 2013年3月23日 in ヘアケア.
トリートメントイメージ画像

第一印象の一番の決め手となる髪の毛。
サラっとした女優さんのようなヘアって憧れますよね。

あんな髪の毛をゲットすべく、トリートメントを使ってるよ!って方、多いと思います。

もちろん、トリートメントって素敵な特効薬だと思うんですけど、使用前より髪がパサついたり、抜け毛が増えたり、頭皮がべたつく、静電気がおこる・・・なんて悩みを抱えている方も、とっても多いとか。
かと言ってマメに美容院には行けないし。。。

つまり、トリートメントでサラサラヘアーにしている「つもり」になっていませんか?ってことなんですね。

そこで!今回は真のサラサラヘアを手に入れていただくべく、書いてみました。
パサパサも、抜け毛も、べたつきも。色んな悩みから今日でおさらば!

サラサラヘアを目指しましょう!
さらさらヘア画像
・・・外人やん!っていう突っ込みはなしで。

やっぱり「油」は怖かった!

さて、トリートメントで一番怖いのが「油」です。

サラサラになるからつける!のも分かりますが、つけすぎると頭皮にワックスをベタ塗りしているような感覚になってしまい、毛穴が塞がって自然な油すら出なくなってしまうのです。。
頭皮環境は、自然な皮脂がある状態が理想。自然な分泌を妨げるのはよくないんです。

油つけすぎがよくないのは、なんとなくイメージできますよね。
水分はじいちゃうし。

オーガニック系のトリートメントもたくさん出てますけど、当たりはずれがあったり、値段が高いですしね。

「良かれと思ってしていた事が原因だった。」
このパターンは本当にたくさんあります。
ゆっくりと修正していきましょう^^

サラサラヘアのための頭の洗い方

シャンプーをする前に

2分程お湯だけで頭をすすぐのがポイント!隅々までお湯が浸透し、汚れを浮かしてくれます☆

シャンプーする時

シャンプーを手に取り泡立てる
側頭部から順に洗っていき、全体的に、下から上方向に引き上げながら頭皮を丁寧に洗う

シャンプーの流し方

シャンプーした時間と同じ時間をかけてすすいでいく。
指を髪に通しながら根っこから毛先へと汚れを流していく

トリートメントの仕方

トリートメントは少量を手に取り、毛先だけに揉み込む。
髪が短い方も(男性も)毛先を意識してつけてくださいね♪

市販の物を使っている場合は、1週間に1回が目安となります
もしくは、お出かけをしない日にトリートメント休みを作るのもOK

化学薬品をたくさん含んでいますから、1日は頭皮を安静にしてあげてくだい^^

髪を乾かすポイント

  1. すぐにドライヤーは使わず、タオルドライに時間をかけで水気を十分に取る。
  2. 水気を取ったあとは、手グシで髪の毛1本1本バラバラにしていく
    (髪のもつれが取れるまで行う。風がなびくような感覚が味わえたら正解!)
  3. なかなか水気がとれない場所そこの頭皮に汚れが溜まり、体にも影響が出てるかもしれませんm(_ _)m
    頭皮の毛穴はもちろん、全身のツボがたくさんある場所なので、肩こり・首こりなんかも意外と頭皮からきてる場合もあります。
  4. 髪に空気を入れるように下から上にシャカシャカと動かしていく
  5. 髪と頭皮が動いてきたら、髪の束を持ち、上に引っ張り上げてさらに頭皮に刺激を与える。
    コツは、全体的にまんべんなく
  6. 渦を巻いているつむじをほぐすように手グシでとかし、つむじをなくす!
    そうすると、髪のテッペンにボリュームができ、恰好良くスタイルが決まります^^

自分でできるサラサラ髪の方法、意外と簡単なのです!

あとは続けることだけ!(それが一番難しいんだけど

これで気持ちよく風を切って歩けますよ☆

お役に立てましたか?

ヘアケアにお悩みの方は、お気軽に下のコメント欄やこちらよりお問い合わせください。
また、YUMEBAのHPをご参照いただくことも可能です。

感想/質問/コメントもお待ちしてます♪