むくみと胃下垂を一気に治す!?寝る前簡単エクササイズ

このエントリーをはてなブックマークに追加
中山眞由美 2013年3月23日 in ダイエット.
むくみと下垂イメージ画像

あのうっとうしい「むくみ」と、なんかよくわからないけど、太ってそうな印象の「胃下垂」。

お悩みの方は非常に多く、YUMEBAの小顔セミナーなどは、むくみが解消されて本当に驚かれます。
胃下垂にしても、本来もっとキレイなラインなのに・・・と感じることもしばしば。

そんなお悩みの方が多い「むくみ」と「胃下垂」ですが、実は、この二つを一気に治す方法があるんです。

たった5分~10分、しかも超簡単な方法で、テレビを見ながらでもできる簡単むくみ取り&内臓上げ!
短いので、最後までしっかり読んで下さいませ☆

胃下垂ってなんなの?

重力に負けてどんどん下がる内臓たち・・・
この内臓の下垂の一部分のことを胃下垂って言ってます。

で、日本人女性およそ3分の1の方が胃下垂で、胃が下がると同時に他の臓器も一緒に下がってしまうことを「内臓下垂」といいます。

胃下垂とは、もともと胃だけが下がっているっぽい印象なんですけど、実際にはそうではなく、通常の位置から食べた物の重さに耐えきれずに、オヘソの下までグーンと伸びて、胃が長くなっているのが原因。

ここで、内臓下垂をしているかご自身でCHECKしてみましょう!

内臓下垂チェックポイント

  • 胃もたれ、胸焼けが多い
  • ご飯を食べたあとゲップがよくでる
  • 便秘に悩んでいる
  • 何をやっても集中力がなく、やる気が起こらない
  • 寝る前についつい食べ物を食べてしまうことが多い
  • 食後、へその下がポッコリと膨らむ
  • 普段からあまり運動はしない

3個以上当てはまると内臓下垂の可能性あり!です。
お気をつけ下さいませ(>_<)

内臓下垂とむくみは併発する

内臓下垂になると同時に、血行が悪くなってしまう為に、連動して冷えの問題も強まってきます。
冷えからくるむくみ、だるさも毎日引きずっていると辛いですよね。

つまり、内臓下垂(胃下垂)とむくみは、切っても切れない関係にあるんです。

むくみが取れて内臓が上がる超簡単な方法

じゃあどうすればいいの?
そんな貴方に、たった1つするだけで、むくみが取れて内臓が上がる方法をお伝えしましょう。
その方法とは、



なんと「足を上げる」だけ。拍子抜けしました?

そう、それだけなんです。簡単ですよね。
具体的な方法をお伝えすると、

  1. 座布団かバスタオルを3つ折りにしたものを用意する
  2. 壁と床の90度の角ギリギリに1で用意した物を置き、壁に向かってその上に座る
  3. 上半身だけゆっくりと仰向けに寝転び、お尻を壁にしっかりとくっつける
  4. 両足を壁づたいに90度に真っ直ぐ伸ばし、そのままキープ!
  5. 下っ腹のお肉を上に上げるようにさする

テレビを見ながらでヨシ!音楽を聞きながらでもヨシ!

血行が悪い場合は、すぐに痺れやダルさを感じます。なので、体と対話しながら行ってください。

目安は5分~10分。キツければ早く下ろしても構いません。体調に合わせて実践してみて下さい。
これで血の流れを心臓に戻すのでむくんだ足がスッキリします。

頑張った1日の最後に、足を上げてから寝ましょう♪
次の日には必ずスッキリしますよ(^^)

ちなみに、YUMEBAでは、むくみも胃下垂(内蔵下垂)もおおげさじゃなく一瞬で治ることもよくあります。
また、もしお困りであれば、お問い合わせからでもFacebookからでもなんでも結構ですので、ぜひご相談ください。

お役に立てましたか?

ダイエットにお悩みの方は、お気軽に下のコメント欄やこちらよりお問い合わせください。
また、YUMEBAのHPをご参照いただくことも可能です。

感想/質問/コメントもお待ちしてます♪